坂本裕史メルマガ登録


配信内容

・コーチング理論の解説

・Q&A

・各種講座のご案内(非公開講座を含む)

配信頻度

月に1~2回程度。(不定期)

LINE@

下記のID、もしくは「友だち追加」ボタンからご登録ください。
・ご登録時、坂本裕史からは誰が登録したかは分かりません。

・ご登録後、坂本裕史に個人メッセージを送ることができます。(メッセージ受信時に初めて登録者のお名前(アカウント名)が伝わります。)

ID : @ofg6438o

LINE@限定特典 : 非公開動画「コーチングサミット2017坂本裕史 登壇スピーチ」付き

Eメール

下記のフォームからご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です

フォームが利用できない場合は、

登録を希望するメールアドレスから

sakamoto.coach@gmail.comまでメールを送信してください。

 

件名:メルマガ登録依頼

本文:(不要)


バックナンバー

過去のメールマガジンで配信したQ&Aを掲載しています。

【Q】様々な情報が飛び交っていますが、何を信じればいいのですか?

【A】
信じるのではなく、考えましょう。

「信じる」とは、自分で考えずに盲目的に受け入れる姿勢です。
「信者」という言葉が、まさにその様子を表しているでしょう。
これは、とても危険な状態です。
恋愛やビジネスで聞く「信じていたのに…」というセリフは、まさに思考を放棄していたことによる後悔です。

人間や社会を見るとき、その背景も含めてどういう意味を含んでいるのかを調べましょう。
そうやって、考える習慣を付ければ、自ずと整合的な全体像が見えてきますよ。

【Q】アスペルガー症候群は治せますか?

【A】
「症候群」という名前は付いていますが、個性や能力の一種だと思ってください。
言うなれば、身長や肌の色と同じようなものです。
身長は、姿勢でも変化します。
肌の色も、日焼けで変化します。
同様に、神経回路も環境や働きかけによって変化します。
ただし、姿勢を正しても150cmが180cmにはなりません。
日焼けでも、白人が黒人にもなりません。
同様に、神経回路や思考パターンも極端な変化は期待しない方がいいでしょう。
身長や肌の色を社会の要請に合わせようとしても無意味なように、思考や行動パターンも個性があっていいのです。
飛び抜けた個性も許容し、活かしていく柔軟な社会であってほしいと思います。

【Q】ストレスを溜めないためには、どうすればいいですか?

【A】
答えは、2段階に分けて考えるといいでしょう。
一つは、ストレスを感じないこと。
もう一つは、溜めないこと。

ストレスを感じない為には、抽象度を上げて、多様性を受け入れられるようになるといいでしょう。
それでもストレスを感じたときに溜め込まないためには、適切にアウトプットすることが重要です。
ストレス発散のために、叩いたり叫んだりする方もいらっしゃるようですが、それよりいい方法があります。
合理的かつ生産的なアウトプット法。
それは、論理的に言語化することです。
ストレスの原因に対して、問題点と対処法を言語化すれば、ストレスの原因そのものを排除することもできます。
また、論理思考によって前頭前野が活性化することで、情動を司る偏桃体が優位になることを避けられます。

抽象度を上げ、論理思考と言語化能力を高めれば、毎日快適になりますよ。

【Q】犬や猫にも、催眠術をかけることはできますか?

【A】
できません。
もちろん、生理反応や単純な学習などを利用して催眠術のようなパフォーマンスを作ることは可能でしょう。
しかし、一般に催眠術師が行うような催眠術にかかるには、高度な言語能力と想像力が必要です。
そういった能力は、地球上のどの生物よりも脳を進化させた人類だけが持っているのです。

【Q】現代の心理学は関数主義(ファンクショナリズム)だといいますが、コーチには人の心が関数に見えているのですか?

【A】
答えは、Yesであり、Noです。
コーチが思う「関数」と、多くの人が思う「関数」とは少し異なるからです。
多くの人は関数というと、学校で学ぶ数式をイメージされるでしょう。
もちろん、それも関数ですが、少し正確に言えば何らかの「現象」を表現する「記号」です。
コーチはその現象の動向を感じながら人と向き合います。
現象を文字にする必要があれば、数式で関数を表現しますが、そうでなければ数式は使いません。
関数とは、現象の動向なのです。
数式は、その一つの表現方法でしかありません。
認知科学を学んだコーチも、人の心は心として感じています。動的な存在として。

【Q】強い人が嫌われるのと弱い人がいじめられるのは、どのように違うのでしょうか?

【A】
まず、共通点は「相手がコンフォートゾーンの外側である」ということです。
その上で、相手が自分よりも弱者であると判断すれば、何らかの「力」を使って排除しようとします。それがいじめです。
一方、相手を強者と判断すれば、いじめが困難なため、自分が逃げることになります。
ただし、負けを認めることも不快なため、相手側の問題に注目して嫌うようになります。

これらが自覚的行為なら正すことは容易ですが、多くは無意識的な一瞬の判断です。
野生動物の時代に獲得した「fight or fly(戦闘か逃避)」と呼ばれる状況判断能力です。

ちなみに、相手がコンフォートゾーンの内側であれば、どうなると思いますか。
強者には尊敬、弱者には慈愛といった感情が生まれます。

【Q】自分の殻を破るには、どうすればいいですか?

【A】
そんな殻は無いよ。
自由に動いてごらん。

【Q】挫折して何もかもがどうでも良くなりました。 やるべきことがあるのに動けません。どうしましょう。

【A】
そんな時は、息抜きも重要です。
深呼吸してリラックス。
そして、エネルギーが生まれるのは好きなことと向き合うときです。
壁があっても、きっとその向こう側に「望む世界」があるのではないでしょうか?

進む先に喜びが無いのなら、道を誤っています。
目の前のやるべきことではなく、
本当にやりたいことを大きな視野で探してみてはいかがでしょうか。

【Q】新しいことを始めたいのですが、私にはまだ実績がありません。 周囲の協力を得るには、どのように伝えていけばよいでしょうか?

【A】
実績は、有ろうと無かろうと、不要です。
必要なのは、過去ではなく、未来。
未来側のビジョンとエフィカシーです。

関係者全員が幸せになる
素晴らしい未来を考えだし、
周囲に示し、共感を得ることです。

もちろん、
あなた一人では実現不可能な
壮大で理想的な未来で構いません。
そのための仲間ですから。

【Q】失敗とは何ですか?

【A】
諦めることです。
諦めなければ失敗とは呼びません。
多くのことは反復により向上します。
エフィカシー高く、行動なさってください。

【Q】「美人は三日で飽きる」と言いますが、本当ですか?

【A】
本当です。
場合によっては、一瞬で飽きられることもあります。
さっきまでの美人が、次の瞬間、嫌いになることも。

全ては空。
「魅力」も、有って無いものなのです。
人の心が感じるものは、実に不安定なもの。

逆に、そのカラクリを理解すれば、
一生飽きられない魅力的な存在であり続けることも可能です。

【Q】坂本さんも喧嘩をすることはありますか?

【A】
喧嘩の定義にもよりますが、
手を出すような喧嘩は
大人になってからは記憶にありません。
中学生の時に、
兄を背負い投げしたのが最後です。

情動は、理性で制御可能。
脳は、そのように進化しました。

【Q】 「人生は、選択の連続だ」と言いますが、 何を基準に選択していけばいいでしょうか?

【A】
判断基準は、
「自分らしいか」、
「自分らしくないか」だけ。

ここでいう「自分」は、
「ゴールを達成している自分」です。

未来でゴールを達成している自分は、
今、何をしているでしょうか。

【Q】誰にも関わらなければ、傷つけず、傷つかないのでしょうか?

【A】
全ての人との関係を絶てば、どうなるでしょう。

あなたとの繋がりを失うことで傷付く人もいるでしょう。
あなたの心の中にもたくさんの隙間が生まれ、寂しい想いをするでしょう。

これはお互いが傷付く状態と言えるかもしれません。

 

しかし、安心してください。
人は必ず誰かと繋がっています。
それを釈迦は「縁起」として説明し、現代の哲学では「自我」として表現しています。
人を傷つけず、傷付かないためには、その繋がりを大切になさってください。

【Q】ゴールを見つけるためには、Want to(好きなこと)を見つけることからと言われていますが、好きなことが見つかりません。 どうすればいいですか?

【A】
まずは、セルフトークのマネジメントから始めましょう。

現状は、まるで
 「私は好きなことが見つけられずに苦悩している」
というアファメーションを唱えているかのようです。

アファメーションの基本は、
一人称・現在進行形で、プラスの情動を入れた肯定文であること。

「私は日々新しい発見を楽しみ、充実している」
「私は常にゴールを探し前進していることが誇らしい」

こういった言葉を自然に言えるようになれば、
きっとチャンスは見つかりますよ。

その時は楽しみながら「現状の外側」へ。

【Q】友人のトラウマを解消してあげたいのですが、どうすればいいですか?

【A】
かつてはトラウマ記憶を引き出して解消する方法が流行ったことをご存知の方も多いでしょう。
しかし、その手法は、トラウマを深刻化させた事例や記憶の捏造が多数報告されています。
そのため、現代の認知科学では、トラウマ治療を行いません。
放置してください。

記憶を引き出すたびに、過去の臨場感が上がり、恐怖の記憶がより強固に定着します。

しかし、幸いなことに我々が生きる過去ではありません。

全員が未来を生きていくのです。
過去は自然に遠ざかるもの。

過去の記憶を操作するのではなく、未来の臨場感を上げてください。

これからどうなりたいのか。
未来をどう生きたいのかを語り合うことが一番の近道です。

(もし、臨場感を操作する技術をご存知なら、
より未来、より抽象度の高い空間の臨場感を高めるといいでしょう。)

【Q】 「育児では、子どもにどのようなことをさせればいいですか?」

【A】
親の意図で「何かをさせる」という考えは、Have toに繋がるため不要です。
子どもの興味(Want to)を観察し、好きなことを好きなだけさせてあげる。
幼少期は「感情の脳」が育つ時期です。
プラスの情動(神経ネットワーク)が発達すれば、生涯に渡り本人も周囲も幸せになります。

あと、就寝、起床時は変性意識が強い状態です。
「おやすみ」と「おはよう」は、心からの笑顔で。

【Q】 「心は、なぜ揺れるのでしょうか?」

【A】
この世は、全てのものが揺れ動いています。
時間も流れる。
認識も変わる。
全てが揺れ動くのですから、環境の変化に応じて
心もまた動き続けなければ自我を維持できないのです。

【Q】「親のように信頼している人が、受け入れがたい言動を取ったときは、どう対処すればいいですか?」

【A】
相手よりも上の抽象度から、見守ってあげてください。
感情的になると抽象度が下がります。
深呼吸などをして冷静に止観してみてください。
その上で、相手の行動があまりにひどいようなら、そっと働き掛ける。